【年間5万円の節約】楽天証券で日経新聞を読もう!読み方・デメリットも紹介

楽天証券で日経新聞を読む
スポンサーリンク

これまで僕は日経新聞電子版を購読し、毎月4,200円を支払っていました。

宅配だと毎月4,900円。電子版に変更したことで、700円は節約でき、紙を処分しなくて済むので満足していました。

 

しかし楽天証券で日経新聞を無料で読めることを知り、今では無料で読めています。

毎月4,200円、年間50,400円の節約に成功したのです。

楽天証券で「日経新聞」を読める

楽天証券では「日経テレコン(楽天証券版)」というサービスを提供しています。

日経テレコン(楽天証券版)とは?

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

なので楽天証券で口座開設している人は、日経新聞を読めるのです。

無料で日経新聞を読む方法

楽天証券で日経新聞を読む方法は「2通り」あります。

  1. iSPEED(スマホ:iPhone版/Android版)
    • 無料
  2. マーケットスピード(パソコン:Windows版/Mac版)
    • 毎月2,500円
    • 条件を満たせば無料になる

 

楽天証券が提供するアプリ「iSPEED」をダウンロードすれば、無料で日経新聞を読めます。

>App Storeでダウンロード

>Google Playでダウンロード

 

iSPEEDで日経新聞を読むための手順

  1. iSPEEDを起動する。
  2. ログインする。(楽天証券の口座開設が必要)
  3. 「メニュー」に進み、マーケットの「日経テレコン」を押す。
  4. 「ご利用許諾条項」を読んで、「同意する」を押す。
    • 日経テレコンの画面が表示されます。
  5. 画面右上のハンバーガーメニューを開き、「きょうの新聞」を押す。
  6. 好きな記事を読む。

楽天証券で日経新聞を読む「メリット」「デメリット」は?

楽天証券で日経新聞を読むメリットは、無料であることです。また日経新聞以外にも、日経産業新聞・日経MJを読めるのは良いですね。

しかしデメリットもあります…

 

楽天証券で日経新聞を読む場合

楽天証券で日経新聞を読む場合

上画像のように、画像が表示されないため、ちょっとだけ読みにくいのはデメリット。

そして3日分しか読めないため、週末にまとめ読みするような方には不向きです。

まとめ:年間5万円近く節約できるなら、やる価値あり

メリット
  • 無料(毎月4,200円を支払う必要なし)
  • 日経新聞以外にも、日経産業新聞・日経MJを読める
デメリット
  • 画像が表示されないため、ちょっとだけ読みにくい
  • 3日分しか読めない

ちょっとだけ読みにくいのは慣れますし、毎日読めば良いだけ。デメリットを乗り越えれば、毎月4,200円の節約ができます。

 

浮いたお金で資産運用

1年で5万円、10年で50万円、20年で100万円…浮いたお金は貯めておきたいですね。

僕は楽天証券の「楽ラップ」で積立をはじめました。ほったらかしで、けっこう儲かっています。

関連記事:楽ラップ運用実績を公開!1年間でリターン+4.0%。最初から積立すべきだった

 

楽天証券で「楽天ポイント」を有効活用

貯まった楽天ポイントで投資できるのを知っていますか?ポイントの使い道に困っていた方にオススメです。

関連記事:楽天ポイントで投資信託(NISA)を購入!おすすめ銘柄・買い方も紹介

 

無料で日経新聞を読みたい、楽ラップを始めてみたい、楽天ポイントで投資したい方は「楽天証券」の口座を持っておくと良いでしょう。

 

関連記事:合わせて読みたい

ズボラでも出来る節約術をまとめました。がっつり節約してお金を貯めましょう!

【ズボラ節約術まとめ】疲れる&辛いことをしないで、年間40万円以上の節約効果あり

2018.09.15
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!