【手数料の安さ重視】妻の投資信託ポートフォリオを見直しました!

妻のポートフォリオを見直し
スポンサーリンク

妻の投資信託ポートフォリオを少しだけ見直しました。長期投資を見据え、ムダに信託報酬手数料を支払わないように組んでいます。

妻からは「面倒くさい」と文句を言われましたが、やっておいて良かったはず。

補足:妻の投資歴

妻が行っている主な資産運用は「定期預金」であり、投資は「つみたてNISA」歴2年目になります。

妻のポートフォリオ変更前

妻のポートフォリオ変更前
銘柄 積立額 信託報酬
ニッセイ外国株式インデックスファンド 14,000円 0.11772%
ひふみプラス 14,333円 1.0584%
たわらノーロード新興国株式 5,000円 0.3672%

 

年間40万円ほど積立できるのですが、支払うべき信託報酬額は約2,240円です。

2年目はトータル資産額が80万円になるので、信託報酬額は約4,480円になります。長期積立するなら信託報酬を下げておきたいですね。

妻のポートフォリオ変更後

妻のポートフォリオ変更後
銘柄 積立額 信託報酬
ニッセイ外国株式インデックスファンド 14,000円 0.11772%
ひふみプラス 4,333円 1.0584%
eMAXIS Slim新興国株式インデックス 5,000円 0.20412%
楽天・全米株式インデックス・ファンド 5,000円 0.1696%
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 5,000円 0.1674%

 

変更点は以下3点です。そのおかげで信託報酬は約2,240円→約1,080円になり、50%近くカットできました。

<変更点>

  1. アクティブファンド「ひふみプラス」の積立額を減らした(14,333円→4,333円)
    • 積立対象から外すことを妻に提案しましたが、何となく保有しておきたいとのことでした。
  2. 全米株式・国内株式のインデックスファンドを積立開始(5,000円ずつ)
  3. たわらノーロード新興国株式をeMAXIS Slimシリーズへ変更

まとめ:長期投資なら「手数料の安さ」にこだわりたい

「つみたてNISA」は20年も続けられる非課税制度なので、徹底的に手数料の安さを追求したいものです。

20年間、40万円ずつ積立した場合、投資元本は800万円になります。支払う手数料もバカになりません。

  • 信託報酬1.0%=年間8万円の支払い
  • 信託報酬0.5%=年間4万円の支払い
  • 信託報酬0.2%=年間1.6万円の支払い

 

信託報酬以上に成果を出し続けられるなら良いですが、将来はどうなるか分かりません。

ファンド 信託報酬 成績
アクティブファンド 高め インデックスに勝てるアクティブファンドは3割ほど
インデックスファンド 安め

信託報酬が高いからと言って、成績が良いわけでは無いです。勘違いしてはいけないポイント!

それだったらムダに高い手数料を支払わず、インデックスファンドを積立した方が良いでしょう。

 

関連記事:合わせて読みたい

投信ブロガーが選ぶファンドは手数料が安いものが多く、良い意味で「無難」と言えます。初心者の方には参考になるデータです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

投信ブロガーが選んだ投資信託ランキングTOP20|Fund of the Year 2018

 

会社員だからこそ、真剣に資産運用と向き合うべき。会社に飼われるのではなく、会社を使い倒せるようになりたいですよね。

資産運用記事を厳選

【資産運用】脱社畜を目指す会社員こそ、投資を始めるべき!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

DMMビットコインなら無料で仮想通貨を始められる!

DMM Bitcoin
口座開設だけで現金1,000円もらえます。時給換算すると1万円を越える素敵なキャンペーンです。