【エクセル】指定した行番号・列番号にあるデータを取得するINDEX関数

Excel関数INDEX
スポンサーリンク

「INDEX関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

INDEX関数とは?

エク先輩
今日は仕事が暇だな。セル子さんにINDEX関数を教えてあげよう。
セル子
INDEX関数って何ですか?

用途

指定した行番号・列番号にあるデータを取得する。

使用頻度

★☆☆(1つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=INDEX(,,,)

セル範囲を指定します。直接入力するか、セル参照します。
※セル範囲が1列のみである場合、行番号()は省略可。
※セル範囲が1行のみである場合、列番号()は省略可。
指定したセル範囲の中にある行位置を数値で指定します。
ここで指定する数値は、起点[=セル範囲()の先頭・左端セル)]から数えます。
指定したセル範囲の中にある列位置を数値で指定します。
ここで指定する数値は、起点[=セル範囲()の先頭・左端セル)]から数えます。
セル範囲()を複数指定した場合、どこのセル範囲を利用するか指定できます。
※省略可。省略した場合、領域番号は”1″になります。

INDEX関数の使い方

エクセルINDEX関数の使い方
  • 2月にあったテストのセル子さんは何点だったでしょうか。G2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =INDEX(B2:C4,3,2)
  • 「①セル範囲」としてB2:C4を指定しました。B2セルが起点になります。
    • “2月”行は、B2セル(起点)から2つ目です。「②行番号」は”2”と入力します。
    • “セル子”列は、B2セル(起点)から2つ目です。「③列番号」は”2”と入力します。
  • INDEX関数は、B2:C4(①セル範囲)中の2行目/2列目にあるデータ”80″を取得します。

 

セル子
行番号・列番号を数えるのが面倒です!
エク先輩
セルの位置を数値で返す「MATCH関数」と組み合わせることで、行番号と列番号を数えなくて済むんだ。
INDEX関数とMATCH関数を組み合わせる場合

=INDEX(B2:C4,MATCH(E2,A2:A4,0),MATCH(F2,B1:C1,0))

詳細は「INDEX,MATCH関数を組み合わせて使う」をどうぞ。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
VLOOKUP ★★☆ 検索範囲の1行目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
HLOOKUP ★☆☆ 検索範囲の1列目で特定のデータを検索し、該当する列の指定行にあるデータを取得する。
MATCH ★☆☆ 検索範囲内で指定した値で検索し、最初に見つかったセルの位置を数値で返す。
LOOKUP ★☆☆ 検索範囲の1行目または1列目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
(検索範囲内で該当する行がない場合、検索値以下の最大値を取得する)

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
行と列を数値で指定してデータを取得するのが、INDEX関数

数値を数えるのが面倒ですね。

エク先輩
MATCH関数と組み合わせて利用すれば、VLOOKUP関数より使い勝手が良くなるんだ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!