筆者は延べ100人以上にExcelを指導してきましたが、Excel作業が早い人には”共通点”があることが判りました。

その共通点とは……
Excel作業が早い人は皆、「クイックアクセスツールバー」を活用しているということです。

セル子
そもそも、クイックアクセスツールバーって何ですか?
エク先輩
ボタンをブックマーク(お気に入り登録)するイメージだよ。
スポンサーリンク




メリット盛りだくさん

クイックアクセスツールバーを使うと、作業スピードが速くなるのは何故でしょうか。
3つの理由があります。

①素早くボタンにアクセス

クイックアクセスツールバーで作業が簡単データの入力規則設定をしたい場合、”データ”タブをクリックした後に”データの入力規則”ボタンをクリックします。
クイックアクセスツールバーに”データの入力規則”ボタンを追加しておけば、わざわざ”データ”タブをクリックする必要がないのです。

クイックアクセスツールバー上のボタンを「ポチッ!」と1クリックするだけです。ショートカットを覚えなくても、素早く作業できます。

また、ボタンを探す手間が省けます。「どこにあったかな?」と複数のタブをポチポチとクリックしている時間は無駄ですよね。

②自分専用のショートカット

クイックアクセスツールバーで簡易ショートカットを作成”ピポットテーブル”ボタンのショートカットは「 Alt  →  →  」です。
上記画像の場合、クイックアクセスツールバーに”ピポットテーブル”ボタンを追加しているので、「 Alt  →  6 」で済みます。

自分専用のショートカットを作成できるので、難しいショットカットを覚える必要がありません

③作業スペースが広くなる

リボンを非表示にして画面拡大Excelは沢山のボタンがありますが、よく使うボタンは大体決まっています。
よく使うボタンはクイックアクセスツールバーに配置しておけば、リボンを折りたたんでも大きな支障はありません。

リボンを折りたたむことで作業スペースを拡大できるので、目に入る範囲が広くなります。
大量のデータを分析したりする方にはオススメです。

おすすめ設定

筆者が日々改良を重ねている、クイックアクセスツールバー設定を紹介します。

設定方法が分からない方はこちらをどうぞ。

参考

【徹底図解】クイックアクセスツールバーのカスタマイズ方法

高頻度だけど、ショートカットを覚えていないゾーン

おすすめクイックアクセスツールバー1よく利用するけど、長くて煩雑なショートカットを登録しています。

クイックアクセスツールバーの1~9番目は、自分専用ショートカットがとてもシンプルになります。 Alt を押して、一桁の数字を入力するだけです。

筆者は以下ボタンを登録しています(カッコ内は通常のショートカットです)。

  1. 書式のコピー/貼り付け( Alt →  →  →  P
  2. 印刷タイトル( Alt →  →  I
  3. グループ化( Shift  Alt  右キー
  4. グループ解除( Shift  Alt  左キー
  5. ピポットテーブル( Alt  →  →  V
  6. おすすめグラフ( Alt  →  →  R
  7. 条件付き書式( Alt  →  →  →  2
  8. データの入力規則( Alt  →  →  L
  9. 図形( Alt  →  →  →  H

罫線を引くゾーン

おすすめクイックアクセスツールバー2罫線はよく使います。しかし、ショットカットが長いんです( Alt  →  →  → …)。
あらゆる罫線がありますが、本当に必要なものだけを厳選して登録しています。

これらはショートカットを使わず、ボタンを直接クリックしています。

色・フォント・表示形式を変更するゾーン

おすすめクイックアクセスツールバー3よく使用する代表格です。
色、フォントや文字サイズを変更することは日常茶飯事です。

これらもショートカットを使っていないです。クイックアクセスツールバーを直接クリック。

数値や文字配置を変更するゾーン

おすすめクイックアクセスツールバー4セルの折り返しや結合、小数点以下の表示形式の変更、セルの左寄せや真ん中寄せなどを登録しています。

これらもショートカットを使っていないですね。

サンプルファイル

「設定が面倒だ!」という方のために、上記でご紹介した設定が簡単にできるファイルを共有します。お好きにどうぞ。

ダウンロード

Excel Customizations-Raku2life.zip

Zip形式でファイルを圧縮しています。解凍した上でご利用ください。

設定ファイルのインポート方法が分からない方は、こちらをどうぞ。

参考

クイックアクセスツールバー設定ファイルのインポート方法

まとめ

是非、「自分だけのクイックアクセスツールバー」を作ってみてください!

Excel作業スピードが劇的に早くなるのを実感できると思いますよ。

あわせて読みたい
この記事が気に入ったらシェアしよう!
スポンサーリンク