【セル結合を使わないで!】「やめる」だけでエクセル作業効率アップ

セル結合はやめよう
スポンサーリンク

Excel(エクセル)でセル結合を使うと、見た目がよくなります。

しかしエクセルをデータ集計や分析のために使うのであれば、「セル結合」しない方が良いです。

 

会社の上司・先輩に、「セル結合を使わないで!」と言われた。

「何のためにセル結合するんだろう?」と疑問に思っていた。

上記の方に向けて、セル結合してはいけない理由を説明していきます。

そもそも、セル結合って何?

セル結合する前の表

セル結合する前

セル子
A2セル~A4セルは同じ名前だから「セル結合」して見やすくしておこうっと。

セル結合のショートカットキーは「 Alt  →  H    M  →  M 」だったよね!

 

セル結合した後

セル結合した後

エク先輩
セル結合を使ったんだ!とても見やすいね。

でも、エクセルで表計算したいのであれば、「セル結合」はエクセルの禁じ手なんだ!

セル結合してはいけない理由

理由①:セル移動しにくい

A1セルにカーソルがある状態

A1セルにカーソルがある状態

A1セルからA5セルまで瞬時にカーソルを移動したい場合、「 Ctrl  下キー 」を使います。

補足

Ctrl  方向キー 」を使うことで、データの途切れるセルまで一瞬で移動できます。

 

セル結合していた場合、結合したセルで止まる

セル結合している場合

セル子と入力されたセルでカーソルが止まってしまいました。

一番下のセルに瞬時に移動したくても、結合されたセルで止まってしまうのです。

 

セル結合していない場合、Ctrl+下キーで一番下まで移動できる

セル結合していない場合

セル結合していなければ、上記画像の通り、A1セルからA5セルに一瞬で移動できます。

 

理由②:行・列の幅を自動調整できない

文字が切れていて、とても見にくい表

文字が切れていて、とても見にくい表

1つのセルに沢山の文字を入力すると、文字が見えなくなってしまうことがあります。

上記のような時は、2行目~5行目を選択して、左クリックしてあげれば行の幅を自動で調整してくれます。

 

セル結合していた場合、行・列の幅を自動調整できない

セル結合している場合

エク先輩のメモ欄(D5セル)は、行の幅を自動調整されたことにより、文字切れが解消しました。

しかし、セル子のメモ欄(D2~D4セル)は、文章が切れたままです。

結合されたセルの行・列の幅は自動調整してくれないので、手動調整しなければならないです。

 

理由③:コピーが面倒

結合されたセルをコピーする

結合されたセルをコピーする

E3セルに「セル子」と入力したいのですが、手で入力するとミスのもとです。なので、できれば既に入力されているセルからコピペ(コピー&ペースト)でデータを持ってきたいものです。

 

結合されたセルをペーストする

結合されたセルをペーストする

上画像の通り、結合されたセルをペーストとすると、E5セルからはみ出してしまいます。

セル結合すると安易にセルのコピーができないのです。

 

理由④:並び替えできない

セル結合した状態

セル結合している状態

セル結合した表のC列(販売個数)を、昇順(小さい順)に並び替えてみます。

 

警告画面が表示される

警告画面が表示される

「この操作を行うには、すべての結合セルを同じサイズにする必要があります。」という警告メッセージが出て、並び替えできません。

 

理由⑤:正しく「フィルタ」されない

セル結合した状態

セル結合している状態

セル結合した表のA列(名前)で、「セル子」のみ表示してみます(フィルタしてみます)。

 

セル結合した表でフィルタ

セル結合した表で、フィルタしてみる

セル子は、りんご・みかん・バナナを販売していましたが、「りんご」しか表示されなくなりました。

エク先輩
結合されたセルは、一番上(もしくは右)にデータがあると見なされ、他セルは空白扱いになるんだ。これが、セル結合してはいけない一番の理由!

これから説明する「理由⑥:SUMIF関数が使えない」と「理由⑦:ピボットテーブルが使えない」も同じ理由なんだ。

 

理由⑥:SUMIF関数が使えない

セル結合しているとSUMIF関数の集計結果がおかしい

集計結果がおかしなことに・・・

SUMIF関数を使って、セル子さんの合計販売数を算出してみました。

A3・A4セルが空白扱いになるため、合計販売数が「10」になってしまいました。合計がズレてしまっていますね。

SUMIF関数だけでなく、COUNTIF関数も誤った結果になります。

 

理由⑦:ピボットテーブルが使えない

セル結合していない表のピボットテーブル集計はうまくいく

セル結合していない場合の集計結果

ピボットテーブルを使えば、とても簡単にデータ集計できます。セル結合していない表をピボット集計すると、上画像のように集計できます。

関連記事:ピボットテーブルって何?

 

セル結合している表のピボットテーブル集計はうまくいかない

セル結合している場合の集計結果

セル結合している表をピボットテーブルを用いて集計してみると、名前列に「(空白)」が登場していますね。

セル結合により先頭セル以外は空白とみなされるため、上画像のような集計結果になりました。

まとめ:セル結合を「やめる」ことで作業効率アップ

  • セル結合することで、視認性を高めることができます。
  • しかし、視認性の代償として、7つのデメリットが生じます。これらのデメリットにより、エクセル作業効率が格段に落ちます。
    1. セル移動しにくい
    2. 行・列の幅を自動調整できない
    3. コピーが面倒
    4. 「並べ替え」できない
    5. 正しく「フィルタ」されない
    6. SUMIF関数が使えない
    7. ピボットテーブルが使えない
  • データ集計・分析する可能性がゼロでなければ、セル結合を使わないようにしましょう。

 

▼Excel作業を高速化したい方は必見

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!