【Excel:SUMIFS関数】複数の条件に一致する数値の合計を求める

Excel関数SUMIFS
スポンサーリンク

「SUMIF関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

SUMIFS関数とは?

エク先輩
セル子さん、もうSUMIF関数をマスターしたよね?今回は、SUMIFS関数を使えるようになろう!
セル子
分かりました…。SUMIFに”S”がついているということは、SUMIFの複数系ですか?
エク先輩
そんな感じかな!SUMIF関数は1つの条件を指定できるけど、SUMIFS関数は複数の条件を指定できるんだ!

用途

複数の条件に一致する数値の合計を求める。

SUMIFS関数の使用頻度

★★☆(2つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

SUMIFS関数の入力方法

=SUMIFS(,,,,⑤,…)

合計したい数値があるセルの範囲を指定します。
【検索条件1つ目】
検索条件()の対象とするセル範囲を指定します。
【検索条件1つ目】
検索条件を指定します。
※数値や文字列を直接入力することもできますし、セルを指定することもできます。
【検索条件2つ目】
検索条件()の対象とするセル範囲を指定します。
【検索条件2つ目】
検索条件を指定します。
※数値や文字列を直接入力することもできますし、セルを指定することもできます。

SUMIFS関数の使い方

エクセルSUMIFS関数1
  • E3セルに入力する関数は以下の通りです。
    =SUMIFS(C3:C8,A3:A8,”>=2017/1/2″,B3:B8,”バナナ”)
    ①合計範囲=C3:C8(”販売個数”列)
    ②検索範囲1つ目=A3:A8(”日付”列)
    ③検索条件1つ目=”>=2017/1/2″
    ④検索範囲2つ目=B3:B8(”商品”列)
    ⑤検索条件2つ目=”バナナ”

 

  • 2つの検索条件を同時に満たすのは7行目だけであるため、販売個数の合計は10個と計算されます。
    • 検索条件の1つ目(2017年1月2日以降)を満たすのは、6~8行目です。
    • 検索条件の2つ目(商品名が”バナナ”)を満たすのは、7行目です。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
IF ★★★ 条件を満たす場合と、満たしていない場合に、返す値を指定する。
SUM ★★★ 数値の合計を求める。
SUMIF ★★★ 1つの条件に一致する数値の合計を求める。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
複数の条件に一致する数値の合計を求めるのが、SUMIFS関数!

SUMIF関数を知っていれば、覚えやすい関数ですね。

エク先輩
そうだね。土台がしっかりしていれば、応用がきくからね!

セル子さんも、Excel全般の土台を早く固めようね!

セル子
はい…。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

売買&送金手数料0円の仮想通貨取引所BITPoint

新規口座開設&入金で、3,000円相当のビットコインをもらえます。9月末までなのでお早めに!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!