30代会社員のリアルな投資成績公開中

【PFE】ファイザー(Pfizer)とは?配当金を加味した損益実績

PFE

ファイザー[PFE]株への投資状況を公開します!本記事では以下2点をまとめました。

当記事で分かること
  1. 配当金による儲け
  2. これらの儲けを加味した損益状況

ファイザー[PFE]株の特徴

薬

ファイザーは世界でトップを争う製薬会社です。売上高ランキングは2016年世界1位、2017年2位に輝いています。

日本の製薬会社大手「武田薬品工業」はランク19位であり、足元にも及ばない状況。

※Webサイト(英語):https://www.pfizer.com/

<2017年版 製薬会社の売上ランキング>

  1. ロシュ(スイス)
  2. ファイザー(アメリカ)
  3. ノバルティス(スイス)
  4. メルク(アメリカ)
  5. サノフィ(フランス)

薬品会社は多額の研究開発費を投じても、新薬を生み出せるわけではないです。

また新薬がヒットしても特許切れや訴訟リスクがつきまとうので、一生安泰ということはありません。

研究開発費に毎年9000億円近く使われているが、ファイザー本体からの新薬は1998年のバイアグラ以来登場しておらず、2006年には超大型新薬になると期待されたトルセトラピブの臨床試験も失敗した。

稼ぎ頭であるリピトールが2011年に特許が切れて、後発医薬品の登場によりブロックバスターが無くなり、経営体制の見直しを余儀なくされているのが現状である。

※引用:Wikipedia

ファイザーは超優良企業であることに違いないですが、悩みを抱えていることが分かります。

PFEの価格チャート

PFEチャート(~2018年12月27日)

PFEチャート(~2018年12月27日)

1999,2000年あたりでピークを迎え、2009年4月に3分の1程度になっています。それ以降は再び伸びています。

PFEの最小購入単位

ファイザー株は1株単位で購入できます。(株価が4,000円なら、最低4,000円必要)

PFEの配当金

3ヶ月おきに配当金が分配されます(3,6,9,12月)。1株あたりの年間配当額は1.44ドル(税引前)であり、配当利回りは3.46%です。
※株主優待はありません。

PFEを長期投資対象にした理由

私がファイザー[PFE]を長期投資対象として選定した理由は3点あります。

  1. 景気の動向に左右されにくいディフェンシブ株(ヘルスケア)
  2. グローバル展開に成功しており、業界トップクラス
  3. 高配当株(J&Jとは異なり増配しているわけでは無いですが、配当量は多め)

ファイザー[PFE]株投資の損益状況まとめ

2021年2月に株価34.99ドルで全て売却しました。

PFE,NGGを売却ポートフォリオ整理!PFE,NGGを15万円分売却【2021年2月の投資ログ】

 

配当(税引後)による儲けを加味した損益は、以下の通りです。

ファイザー[PFE]株投資の損益状況

  • 数量=3株
  • ドルベース
    • 平均取得単価=43.62ドル
    • 元本=130.86ドル(うち手数料5.92ドル)
    • 売却=104.76ドル
    • 配当=7.59ドル
    • トータル損益=−18.82ドル(−14.3%)
  • 円ベース
    • 平均取得単価=4,832円
    • 元本=14,550円(うち手数料652円)
    • 売却=10,997円
    • 配当=815円
    • トータル損益=−2,738円(−18.8%)

さいごに:ファイザー[PFE]株の買い方

ファイザー[PFE]は米国株ですが、日本の証券会社で口座開設すれば簡単に購入できます。

私は「楽天証券」を使っています。手数料はリーズナブルで、以下のような恩恵を受けられてオススメです。

 

以上です。関連記事も合わせてどうぞ。

おすすめの証券会社は?野村證券・大和証券・SBI証券・楽天証券を比較しています。

おすすめの証券会社は?主要な証券会社4社を比較!株初心者なら『楽天証券』がおすすめ

株主優待・配当投資の実績を毎月更新しています!私が働かなくても、お金にお金を稼いでもらうのが目標です。

株主優待・配当の実績まとめ【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中