【JNJ】J&J(ジョンソン&ジョンソン)とは?配当金を加味した損益実績

J&J(JNJ)とは?配当金・損益状況まとめ
スポンサーリンク

【随時更新】
J&J[JNJ]株への投資状況を公開します!本記事では以下2点をまとめました。

  1. 配当金による儲け
  2. これらの儲けを加味した損益状況

J&J[JNJ]株の特徴

ジョンソン&ジョンソンはバンドエイドを生み出した

J&J(ジョンソン&ジョンソン)は世界60カ国に250以上のグループ企業を持つヘルスケア領域の重鎮です。事業内容は以下の通り。

  1. 消費者向け製品
    • バンドエイド、リステリン、アキュビュー(コンタクトレンズ)あたりが有名。
  2. 医薬品
  3. 医療機器

 

売上高シェア(2015年)

売上高シェア(2015年)

実は私たちに馴染み深い「消費者向け製品」の売上シェアは小さく、「医薬品」や「医療機器」が大きいです。

※Webサイト(英語):https://www.jnj.com/

 

JNJの価格チャート

JNJチャート(~2018年12月26日)

JNJチャート(~2018年12月26日)

1978年は1.54ドルでしたが、安定的に成長し続けてきたことが分かります。

リーマンショックにおいても70ドル→51ドルの下落(27%減)であり、暴落に強いのも好感が持てます。

 

JNJの最小購入単位

J&J株は1株単位で購入できます。(株価が14,000円なら、最低14,000円必要)

 

JNJの配当金

3ヶ月おきに配当金が分配されます(3,6,9,12月)。1株あたりの年間配当額は3.8ドル(税引前)であり、配当利回りは2.74%です。
※株主優待はありません。

 

JNJを長期投資対象にした理由

僕がJ&J[JNJ]を長期投資対象として選定した理由は3点あります。

  1. 景気の動向に左右されにくいディフェンシブ株(ヘルスケア)
  2. グローバル展開に成功している
  3. 高配当株(50年以上の増配)

J&J[JNJ]株投資の損益状況まとめ

配当(税引後)による儲けを加味した損益は、以下の通りです。

配当を加味した損益計算(単位:ドル
年月 元本 評価額 配当累計 損益
2018/12 132.80 129.05 0 -3.75
(-2.8%)
2019/1 265.20 266.16 0 +0.96
(+0.4%)
2019/2 265.20 273.28 0 +8.08
(+3.0%)
2019/3 265.20 279.58 1.62 +16.00
(+6.0%)
2019/4 265.20 282.40 1.62 +18.82
(+7.1%)
2019/5 265.20 263.70 1.62 +0.12
(+0.0%)
2019/6 265.20 278.56 3.33 +16.69
(+6.3%)
2019/7 1,384.4 1,314.4 3.33 -66.63
(-4.8%)
2019/8 1,384.4 1,290.0 3.33 -91.03
(-6.6%)
2019/9 1,384.4 1,294.1 10.51 -79.75
(-5.8%)
  • 数量=10株
  • 平均取得単価($)=138.44ドル
  • 平均取得単価(¥)=14,991円

J&J[JNJ]株の配当金

配当金(税引後)の受け取り状況は以下の通り。投資したばかりで、まだ配当を貰っていません。

配当金の受け取り状況(単位:ドル
年月 数量 単価 受け取り額
2019/3 2 $0.81
$1.62
2019/6 2 $0.86 $1.71
2019/9 10 $0.72 $7.18

さいごに:J&J[JNJ]株の買い方

J&J[JNJ]は米国株ですが、日本の証券会社で口座開設すれば簡単に購入できます。

僕は「楽天証券」を使っています。手数料はリーズナブルで、以下のような恩恵を受けられてオススメです。

 

関連記事:合わせて読みたい

おすすめの証券会社は?野村證券・大和証券・SBI証券・楽天証券を比較しています。

おすすめの証券会社は?

主要な証券会社4社を比較!株初心者なら『楽天証券』がおすすめ

 

株主優待・配当投資の実績を毎月更新しています!僕が働かなくても、お金にお金を稼いでもらうのが目標です。

株主優待・配当の実績まとめ

【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

1円から始められる!初心者向け資産運用

シェア投資Funds(ファンズ)
Fundsはチャートを気にせず、1円から投資できるサービスです。なんと利回りは、メガバンク普通預金金利の1,000倍以上。