【仮想通貨】SNGLS(シンギュラーDTV)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

スポンサーリンク

仮想通貨『SNGLS(SingularDTV:シンギュラーDTV)』を買うか検討するために、SNGLSの価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

このコインは、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

Binance(バイナンス)は怪しい?メリット・デメリット・評判【まとめ】

2017.12.31

『SNGLS(シンギュラーDTV)』の基礎情報

通貨単位 SNGLS
通貨名 SingularDTV
日本語名 シンギュラーDTV
公開月 2016年7月
発行上限枚数 10億枚
アルゴリズム
公式サイト https://singulardtv.com/
Twitter

『SNGLS(シンギュラーDTV)』の特徴

シンギュラーDTVは、イーサリアム上に構築された「エンターテイメント&ブロックチェーン」です。コンセプトは、アーティストを応援すること

シンギュラーDTVの通貨「SNGLS」はERC20トークンです。

 

SNGLSは、既にコアサービス『TOKIT』β版、いくつかのサブサービスをリリースしています。

これらのサービスは既に使われ始めています。

TOKITサービスを紹介

『TOKIT』でアーティストが出資を募っている

アーティストが出資を募っている

アーティストは、調達目標金額を決めて、出資を募ります。クラウドファンディングの「エンターテイメント特化版」です!

僕たちユーザーは、TOKITのウォレットにイーサリアムを送金して、トークンを買います。そして、気になったアーティストにトークンを渡します。

すでに、上の画像下のアーティストGramatikは、調達目標である7,500ETHを獲得しています!

1ETH=100,000円だとして、7億5千万円を調達しています。

お金がTOKITに流れているということでしょうか!

 

TOKIT:アーティストのプロモーションMovie

アーティストのプロモーションMovie

各アーティストは出資を募るために、作品を公開しています。

また、調達資金の使い方や、出資してくれた時のお返し(リターン)も公開されています。

リターンは様々で、株式のように「配当」を出す方もいます。

※参考:TOKIT公式サイト

『SNGLS(シンギュラーDTV)』の価格

価格推移チャート

2016年10月から2017年3月まで、1SNGLS=0.01ドル付近に張り付いていました。(日本円で1円くらい)

2018年1月に、1SNGLS=0.3ドル付近まで上昇しています。最大で『30倍』近くの増加でした。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『SNGLS(シンギュラーDTV)』の将来性を考える

「SNGLS」のロードマップ

「SNGLS」のロードマップ

シンギュラーDTVは、「11個のモジュール」をリリースするみたいです。2018年は勝負の年かも。

<11個のモジュール>

  1. TOKIT【リリース済】
    • 先ほど紹介したサービス。コアなサービス。
  2. 分散型取引所【リリース済】
    • 出資者がTokitで生成されたトークンを売買できる取引所として、「SINGULAX」がオープンしています。
  3. CODEX【リリース済】
  4. ラウンチ・パッド【リリース済】
  5. リーガル・レポジトリ【リリース済?】
    • Tokitで作成されたプロジェクトに「条項・条件・法的な詳細事項」を追加することができるスマートコントラクトの法的レポジトリ(書庫)。
  6. プロダクションサービス/CREW【2018年リリース予定】
    • TOKITで作成したプロジェクトと、「エンターテイメント・プロダクション」と繋ぐ。
  7. 機材・設備のレンタル【2018年リリース予定】
    • ピアツーピアで機材・設備をレンタルできる。
  8. タレント・マネジメント【2018年リリース予定】
    • タレントへのオファーを管理、支払処理、スマートコントラクトを通じた条項・条件を整理。
  9. デジタルマーケティング【2018年リリース予定】
  10. ユニオン・インターフェース【2019年リリース予定】
  11. EtherVision【リリース済?】
    • 分散型ピアツーピアの配信ポータル。動画だけでなく、音楽・書籍も配信できるようになるのかも。

※③④に関しては、よく分からないですが、開発側の話で直接ユーザーに関係なさそうです。

 

シンギュラーDTVでは、アーティストが「世界中のユーザーとのスポンサー契約」で収入を得るイメージでしょうか。

(ユーチューバーは広告による収入がメイン)

 

マーケティング・法務・機材の準備など、営業活動を支えてくれるサービスも、アーティストにとっては嬉しいですね。

もう、音楽や芸能事務所が不要な時代が来ているのかもしれません。

僕はSNGLS(シンギュラーDTV)を買うか?

  • SNGLS(シンギュラーDTV)がアーティスト・出資者で賑わうプラットフォームになるのも時間の問題な気がします。
    • クラウドファンディングも定着化していますし、SNGLSも定着化しやすい気がします。
    • また、堅実的なロードマップが高評価。
  • ライブ音楽マーケットプレイス「VIB(ヴァイブレート)」と比較してみると、SNGLSの「アーティストを全面サポートする姿勢」を強く感じることができます。
  • 僕は、SNGLSを「ぜひ買いたい」と思います!

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。簡単売買・手数料激安・取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

費用を安く済ませる買い方は、以下の通り。
  1. 国内取引所「Zaif」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「Zaif」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
>>手数料無料で取引できるZaifで口座開設

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!7月末までなのでお早めにどうぞ。