【仮想通貨おすすめ銘柄ランキング(2018年最新)】将来性の高いコインをガチホしよう

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング

昼はコンサルしている会社員ですが、夜は有望銘柄を探し回っているE太です。(ざっと200銘柄は調査済)

これまでに調査してきた中で、将来性抜群だと感じた銘柄を「ランキング形式」でまとめてみました。

共感・批判もあると思いますが、参考程度に読んでいただければ幸いです。

おすすめ銘柄ランキングを発表する前に

僕は、長期保有(ガチホ)する前提で投資しています。基本的には、数年後まで売却しない予定。

以下の観点で定性的に評価し、ランキング付けしています。

<評価ポイント>

  • 描いている目標を実現できそうか(開発進捗やロードマップを加味)
  • 僕個人、企業目線で興味が持てるテクノロジー
  • 競合に負けない強みがあるか
  • 長期目線で伸びる余地があるか
  • コミュニティの強さ

第1位:イーサリアム/Ethereum

※公式サイト:https://www.ethereum.org/

「イーサリアム(Ethereum)」は、スマートコントラクトを実行できるdApps(分散型アプリ)のプラットフォームです。主な魅力は以下の通り。

<イーサリアムの魅力>

  1. 数多くのアプリが開発されている
  2. EEA(イーサリアム企業連合)の存在
  3. ビットコインの次に高い時価総額

 

魅力①:数多くのアプリが開発されている

イーサリアムは、「インフラ」です。ワードやエクセルなどのアプリが何もインストールされていない状態のパソコン。アプリが無いと仕事になりませんし、ネットサーフィンもゲームもできませんよね?

パソコンやスマホと同様、アプリが存在してこそイーサリアムの価値が高まるのです。

イーサリアム上で構築されているアプリ数は約1,000種類以上に及びます。これらのアプリが世の中で使われるようになれば、どんどんイーサリアムの価値が高まっていくはず。

 

そして、イーサリアムは「スマートコントラクト」を実行でき、複雑で面倒くさい契約行為を自動化できるのが特徴。

P2P(ピアツーピア)でモノ/サービスの売買が容易になるため、これまでの常識が覆されるサービスが誕生していくかもしれません。

P2P取引の例

  • スマホゲームで課金する時は、App Store/Google Playに支払っています。
    • App Storeなどは仲介手数料を抜いて、開発者へ報酬を渡します。
  • イーサリアムで構築中の「APPC(アップコインズ)」は、ユーザーは開発者へ直接お金を支払います。
    • App Storeなどに手数料を払う必要が無くなるため、課金額が安くなるはず!

 

魅力②:EEA(イーサリアム企業連合)の存在

イーサリアムには、イーサリアム企業連合(EEA:Enterprise Ethereum Alliance)という巨大なバックボーンがあります。

世界の名だたる企業、新興企業、学者、技術ベンダーがEEAに加盟しています。日本で有名な企業をピックアップしてみると以下の通り。

  • トヨタ
  • マスターカード
  • 三菱UFJ銀行
  • KDDI
  • マイクロソフト
  • NTTデータ
  • アクセンチュア
  • デロイト など

 

魅力③:ビットコインの次に高い時価総額

株式と同様、仮想通貨も「時価総額」が高いと安心感があります。

日本株式でいえば、時価総額が高いのは、トヨタ/三菱UFJ/NTTドコモ/ソフトバンクなど。誰もが聞いたことがある大企業ばかり。

2018年2月13日時点、イーサリアムの時価総額は第2位。仮想通貨界の王者「ビットコイン」の次ですね。

第2位:ネム/NEM

※公式サイト:https://nem.io/

NEM(ネム)は、イーサリアムより規模が小さいものの、高スペックなdAppsプラットフォームです。

<NEMの魅力>

  1. 「カタパルト」による機能向上
  2. プライベートブロックチェーン「mijin」の実用化

 

魅力①:「カタパルト」による機能向上

イーサリアムの代名詞である「スマートコントラクト」を実装、取引スピードを更に向上させる『カタパルト』という大型アップデートを控えています。2018年に注目!

取引スピードで言えば、以下の通り。

<取引スピードの比較>

  • ビットコイン:約10件/秒
  • イーサリアム:約15件/秒
  • カタパルト後のNEM:約4,000件/秒

 

魅力②:プライベートブロックチェーン「mijin」の実用化

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロが開発したプライベートブロックチェーン「mijin」は、自社内もしくはパートナー間でのみ利用可能な環境を構築できます。

ゼロダウンタイムを実現でき、高セキュリティ/パフォーマンス、大幅なコスト削減を可能にします。

国内/海外企業・自治体が注目し、実証実験が行われている段階であり、実用化も時間の問題かもしれません。

第3位:ネオ/NEO

※公式サイト:https://neo.org/

NEOは「中国版イーサリアム」と言われていますが、イーサリアムより優れている面が多いです。

<NEOの魅力>

  1. デジタルアイデンティを実装
  2. 数多くのアプリが開発されている

 

魅力①:デジタルアイデンティを実装

仮想通貨『NEO(ネオ)』イメージ画像3

NEOには、デジタルアイデンティティ(インターネット上での身分証明)が組み込まれています。

イーサリアムはデジタルアイデンティティを組み込んでいませんので、イーサリアム上で動くdAppsが仕組みを用意することになります。

「政府・企業は匿名を好みにくい」と考えると、NEOは政府・企業にとって安心感のある存在であると言えます。

 

魅力②:数多くのアプリが開発されている

パフォーマンスに申し分のないNEO上で、アプリが数多く開発されています。

※1秒に1,000件の取引を処理可能。(理論的には10,000件/秒の処理ができる)

<NEOベースのアプリを3つ紹介>

  • NEX
    • NEOブロックチェインとオフチェーンマッチングエンジンを組み合わせ、既存の分散型取引所よりも高速で複雑な取引を可能にする。
  • CHAIN LINE
    • ピアツーピア宅配便プラットフォーム。宅配便は商品を輸送することで要求を満たし、宅配料を得る。
  • NEO Auth
    • ユーザーのアカウントに関連付けられたNEOアドレスから、NEOスマートコントラクトを呼び出すことによって、アプリケーションやWebサイトにログインできる。

第4位:リップル/Ripple

※公式サイト:https://ripple.com/

リップルは、安く・早く・簡単な国際送金を可能にする送金システムです。

 

世界中の金融機関がリップルと提携し、実用化に向けて動き出している段階。有名どころでは、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・アメリカンエクスプレス等が提携しています。

実用化された時の社会へのインパクトが大きく、期待している銘柄です。

第5位:オミセゴー/OmiseGo

※公式サイト:https://omisego.network/

OmiseGoは、誰でも迅速に送金・決済することができるプラットフォームです。

異なるブロックチェーンをつなぐ分散型取引所の実装により、以下のように送金することが可能になります。当然、決済にも生かせます。

<OmiseGoでの送金>

  1. 日本人がOmiseGoで日本円(JPY)を送金する。
  2. OmiseGoネットワークで、日本円(JPY)をイーサリアム(ETH)へ変換する。
  3. OmiseGoネットワークで、イーサリアム(ETH)を米ドル(USD)へ変換する。
  4. アメリカ人は米ドル(USD)で受け取る。

 

既に決済オンラインサービス「Omise(オミセ)」はタイで浸透しています。マクドナルド等のリーディングカンパニーの決済をサポートしていたり、2017年に「Digital startup of the year」でタイ首相から表彰されています。

Omiseの顧客基盤をベースに、OMGが実用化されることを期待しています。

第6位:ビットコイン/Bitcoin

※公式サイト:https://bitcoin.org/

ビットコインは、ブロックチェーンの代表格である決済インフラです。

 

ビットコイン決済

ビットコイン決済

仮想通貨の中でも広く知れた存在であり、決済通貨として世の中に浸透していく可能性は大いにあると思います。

しかし、ビットコインより伸びしろを期待できる通貨も数多く誕生しているため、6位にしました。

第7位:バイナンスコイン/Binance Coin

※公式サイト:https://www.binance.com/

バイナンスコインは、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が発行しているトークンであり、「取引所運営に欠かせないガソリン」です。

 

Binance(バイナンス)は世界最大級

Binance(バイナンス)は世界最大級

バイナンスが成長すれば、バイナンスコイン(BNB)の価値が上がると考えています。

バイナンスの主な特徴は「アルトコインの種類が豊富」で「手数料が激安」であり、ユーザー数700万人を突破しました(2018年2月13日)。

第8位:ウォルトン/Walton

※公式サイト:https://www.waltonchain.org/

ウォルトンは、RFID技術とブロックチェーン技術を融合し、品質保証を実現します。

 

RFIDは、電子マネーSuicaで使われています

RFIDは、電子マネーSuicaで使われています

海外でブランド品を購入する時に「偽物じゃないか?」という不安を解消します。

製品にRFIDを取り付け、製造~倉庫~物流~店舗までのデータをブロックチェーンに記録していくのです(改竄できない)。

 

なお開発計画が4段階に分かれており、着々と開発が進み実績を挙げているのが好印象。

フェーズ1では「衣服システムの統合スキーム」を開発し、中国のアパレル店舗で導入しています。

第9位:シンギュラーDTV/Singular DTV

※公式サイト:https://singulardtv.com/

シンギュラーDTVは、アーティストを応援するためのプラットフォームです。RANKは低めですが、注目しています。

 

TOKIT(アーティストのためのクラウドファンディング)

TOKIT

既に、アーティストのためのクラウドファンディングサービス「TOKIT」をリリースしています。

TOKITを含めて11個のモジュールに分けて開発を進めており、アーティストを全面バックアップする仕組み」を着々と開発している印象。

今後は、ピアツーピアで機材・設備をレンタル、アーティストへのオファー管理・支払処理も可能になります。

第10位:パワーレジャー/Power Ledger

※公式サイト:https://powerledger.io/

パワーレジャーは、ブロックチェーン上に構築された再生可能エネルギーのP2P(ピアツーピア)取引プラットフォームです。

 

パワーレジャーのアプリ

パワーレジャーのアプリ

消費者が相互に電力を交換することができます。また、透明性が高く、低コスト、リアルタイムな取引を可能にします。

また、電力の需給管理、供給されない時のリスク度合いを管理できます。

 

壮大なビジョンを描きつつも、オーストラリア政府や国内外の大企業と共に、実用化を進めているのが好印象。関西電力との提携発表もありましたね。

ランキングTOP10に入った銘柄の購入方法

ランキングTOP10に入った銘柄を、お得に購入する方法を紹介します。

利用する仮想通貨取引所は、全部で3つです。

<おすすめの購入場所>

青色塗りはZaif(ザイフ)、オレンジ色塗りはビットバンク、黄色塗りはバイナンスです。

 

  1. 【ETH】イーサリアム/Ethereum
  2. 【XEM】ネム/NEM
  3. 【NEO】ネオ/NEO
  4. 【XRP】リップル/Ripple
  5. 【OMG】オミセゴー/OmiseGo
  6. 【BTC】ビットコイン/Bitcoin
  7. 【BNB】バイナンス コイン/Binance Coin
  8. 【WTC】ウォルトン/Walton
  9. 【SNGLS】シンギュラーDTV/SingularDTV
  10. 【POWR】パワーレジャー/Power Ledger

 

①Zaif(ザイフ)で購入する銘柄

取引所と販売所の価格の違い

取引所(板取引)と販売所の価格の違い

取引所形式(板取引)で売買できて手数料が安い「Zaif(ザイフ)」で購入すべき、ランキングイン銘柄は以下の通り。

  • 【XEM】ネム/NEM
  • 【BTC】ビットコイン/Bitcoin

 

NEMは手数料無料。ビットコインの手数料は「-0.05%」です(売買したら、手数料分をくれます)。

なお、僕は「Zaifコイン積立」で毎日自動で買い付けています。値下がりしていると、沢山買ってくれるので嬉しくなりますよ。

 

②ビットバンクで購入する銘柄

手数料無料キャンペーンを開催している「ビットバンク」で購入すべき、ランキングイン銘柄は以下の通り。

  • 【ETH】イーサリアム/Ethereum
  • 【XRP】リップル/Ripple

 

③バイナンスで購入する銘柄

海外の取引所「Binance(バイナンス)」で購入すべき、ランキングイン銘柄は以下の6つです。

  • 【NEO】ネオ/NEO
  • 【OMG】オミセゴー/OmiseGo
  • 【BNB】バイナンス コイン/Binance Coin
  • 【WTC】ウォルトン/Walton
  • 【SNGLS】シンギュラーDTV/SingularDTV
  • 【POWR】パワーレジャー/Power Ledger

 

日本円を入金できないです。日本の取引所「Zaif」でイーサリアムかビットコインを購入して、Binanceに送金するのがオトクです。

※開設方法の詳細は「Binanceの使い方」にまとめています。

さいごに:将来性の高いコインをガチホする!

いかがだったでしょうか?僕が中心に投資している銘柄を10個紹介してみました。

共感・批判もあると思いますが、投資は自己責任でお願いします。

 

僕は将来性を感じたコインを買って、長期保有(ガチホ)するのみです。

合わせて読みたい関連記事

▼ランキングインした銘柄を更に知りたい人向け。

 

▼有望銘柄の探し方は4種類を用意!お好みに合わせて選んでください。

ランキング形式 辞書形式
ガチホしたいランキング ランキングTOP10 辞書形式で探す 特徴・将来性を簡単理解
取引所 別
Binance銘柄 バイナンス銘柄 Huobi銘柄 フオビー銘柄

 

▼中国政府による技術評価が発表されました。

中国政府が仮想通貨ランキングを発表!主要28銘柄の評価に要注目【2018年5月】

2018.05.18

 

▼無料で仮想通貨を貰えるから損しない!エアドロップがおすすめ。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)情報まとめ【2018年最新&厳選】

2018.05.26
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円もらえるキャンペーン中です!6月30日締切なので、お早めにどうぞ。