【2018年最新】国内のおすすめ仮想通貨取引所!売買形式&銘柄ごとに取引所を使い分けるべき

売買したい銘柄によって国内仮想通貨取引所を使い分けよう
スポンサーリンク

国内の主要な仮想通貨取引所は沢山ありますが、取り扱い通貨や手数料などが全然違います。

本記事ではお得に仮想通貨を売買(現物取引)できるように、売買形式(取引所形式/販売所形式)と銘柄毎にオススメの取引所を紹介していきます。

まずは2つの売買形式(販売所と取引所)の違いを知ろう

まず仮想通貨投資を行う上で知っておきたいのが「販売所」と「取引所」の違いです。

<仮想通貨を売買できるパターン>

  1. 販売所
  2. 取引所

 

これから「販売所」と「取引所」について、ざっくり説明していきます。詳しく知りたい方は「販売所と取引所の特徴・違いまとめ」をどうぞ。

販売所とは?

イラスト説明:販売所とは?

「販売所」形式は、仮想通貨取引所から仮想通貨を買うことになります。

  • メリット
    • 初心者でも、簡単に売買できる。
    • 即座に売買できる。
  • デメリット
    • 言われた通りの価格で売買することになる。(取引所が利益を出すために、上乗せした価格になっています)

 

取引所とは?

イラスト説明:取引所とは?

「取引所」形式は他の人から仮想通貨を買うことになります。

  • メリット
    • 自分が決めた価格で取引できる。
  • デメリット
    • 取引が必ず成立するわけではない。
    • 慣れるまで売買が難しい。

 

「販売所」「取引所」はどんな人にオススメ?

2つの売買形式(販売所と取引所)は、それぞれ一長一短あります。自分が「どのように売買したいか」によって使い分けるのが良いです。

 

  • 無駄なお金を1円でも支払いたくない人…脱初心者したい人、中・上級者向け
    取引所形式おすすめ取引所を見る

【簡単売買したい人向け】国内のオススメ仮想通貨取引所

仮想通貨を簡単に売買したい人向けに、「販売所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所」と「取り扱い銘柄」をまとめてみました。

販売所形式で売買できる銘柄と取引所(2018年9月)

販売所形式で売買できる銘柄と取引所(2018年9月)

上画像中の”○”は取引可能、“●”はオススメです。

コインチェックは取り扱い銘柄が多かったのですが、登録休止中です。そのため現時点で現物取引できる銘柄は以下の通り。

<販売所形式で現物取引できる銘柄>

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • LSK(リスク)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XEM(ネム)

 

販売所形式で売買したい方におすすめは、取り扱い銘柄が多い「ビットフライヤー」や「GMOコイン」です。

これらをどのように使い分けるべきか?

販売所形式は「スプレッド幅」を要チェック

販売所形式で売買したい場合、スプレッド幅(買う時と売る時の価格差)に注目すべきです。

ビットフライヤーとGMOコインにおけるビットコイン販売所の売買価格を見てみましょう。

 

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅は以下の通り。

買い=1,035,087円
売り=1,010,033円
→スプレッド幅=25,054円

 

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅は以下の通り。

買い=1,038,632円
売り=1,015,632円
→スプレッド幅=23,000円

 

GMOコインのスプレッド幅は、ビットフライヤーより約2千円小さいですね。

これまでスプレッド幅を気にしていなかった方は、使っている仮想通貨取引所を見直してみましょう。

 

【販売所形式】銘柄別おすすめ取引所

販売所形式で購入できる銘柄ごとに、おすすめの国内仮想通貨取引所を整理しました。

銘柄名 おすすめ取引所
BTC(ビットコイン) GMOコイン
ETH(イーサリアム) GMOコイン
XRP(リップル) GMOコイン
BCH(ビットコインキャッシュ) GMOコイン
LTC(ライトコイン) GMOコイン
MONA(モナコイン) ビットフライヤー
LSK(リスク) ビットフライヤー
ETC(イーサリアムクラシック) ビットフライヤー
XEM(ネム) Zaif

 

ビットフライヤーとGMOコイン両方で取引できる銘柄はGMOコイン、GMOコインが取り扱っていない銘柄はビットフライヤーを使うのが良いでしょう。

そしてXEM(ネム)を簡単売買したい場合は、Zaifを使えば良いです。

  1. ビットフライヤーで口座開設する
  2. GMOコインで口座開設する
  3. Zaifで口座開設する
補足

ビットフライヤー&Zaifは新規登録休止中なので、GMOコインに登録しておきましょう。

【無駄金を支払いたくない人向け】国内のオススメ仮想通貨取引所

無駄なお金を支払いたくない人向けに、「取引所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所」と「取り扱い銘柄」をまとめてみました。

取引所形式で売買できる銘柄と取引所(2018年9月)

取引所形式で売買できる銘柄と取引所(2018年9月)

上画像中の”○”は取引可能、“●”はオススメです。

以下3つの仮想通貨取引所の口座があれば、国内で取り扱っている全ての銘柄を売買できます。

  1. Zaif
  2. ビットバンク
  3. BITPoint(ビットポイント)
  4. Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

 

①ビットコイン/NEM/様々なトークンを買うならZaif

Zaif画像

Zaifは手数料無料で「BTC(ビットコイン)」や「XEM(ネム)」を売買できます。

また様々なトークンを扱っているのが特徴的です。バイナンスなどの大手取引所で取り扱っていない銘柄へ先行投資するのも有りかも。

<Zaifで取り扱っているトークン>

  • ZAIF(ザイフトークン)
  • XCP(カウンターパーティ)
  • BCY(ビットクリスタル)
  • SJCX(ストレージコイン)
  • FSCC(フィスココイン)
  • PEPECASH(ペペキャッシュ)
  • CICC(カイカコイン)
  • JPYZ(ゼン)
  • CMS(コムサ)

なおZaifではイーサリアム・ビットコインなどを積立できます。長期投資したい人にオススメ。

 

②リップル/ライトコイン等を買うならビットバンク

ビットバンクは取引手数料0円キャンペーンを開催しています。

「BTC(ビットコイン)」「XRP(リップル)」「LTC(ライトコイン)」「MONA(モナコイン)」を買うのが良いでしょう。

 

③送金手数料を気にするならBITPoint(ビットポイント)

ビットポイントのイメージキャラに本田圭佑を適用

Zaifやビットバンクと同様、ビットポイントの取引手数料は無料です。

更に送金手数料も無料0円なので、海外取引所やウォレットへ送金することがある人にはピッタリの取引所です。

※詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

④QASHを買うならLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine

QASH(キャッシュ)」を売買したいなら、Liquidの口座を持っておきましょう。国内でQASHを買えるのはLiquidだけです。

QASHは余り知られていない銘柄ですが、僕はひそかに注目しています。

 

【取引所形式】銘柄別おすすめ取引所

取引所形式で購入できる銘柄ごとに、おすすめの国内仮想通貨取引所を整理しました。

銘柄名 おすすめ取引所
BTC(ビットコイン) Zaif
ビットバンク
ビットポイント
ETH(イーサリアム) Zaif
ビットポイント
XRP(リップル) ビットバンク
ビットポイント
BCH(ビットコインキャッシュ) ビットバンク
ビットポイント
LTC(ライトコイン) ビットバンク
ビットポイント
MONA(モナコイン) ビットバンク
XEM(ネム) Zaif
QASH(キャッシュ) Liquid
ZAIF(ザイフトークン) Zaif
XCP(カウンターパーティ) Zaif
BCY(ビットクリスタル) Zaif
SJCX(ストレージコイン) Zaif
FSCC(フィスココイン) Zaif
PEPECASH(ペペキャッシュ) Zaif
CICC(カイカコイン) Zaif
JPYZ(ゼン) Zaif
CMS(コムサ) Zaif

 

取引量が多い人はZaifビットバンクの口座があれば文句なし!海外取引所やウォレットへ送金する人はビットポイントが良いです。

QASHトークンに興味がある方はLiquidの口座を持っておきましょう。

  1. Zaifで口座開設する
  2. ビットバンクで口座開設する
  3. ビットポイントで口座開設する
  4. Liquidで口座開設する
補足

Zaifは新規登録休止中なので、これから売買をはじめたい方はビットバンクで口座開設することをお薦めします。

まとめ:売買形式&銘柄によって仮想通貨取引所を使い分け!

売買形式(販売所・取引所)と銘柄によって、おすすめの取引所が異なります。

仮想通貨取引所を使い分けて、無駄のない売買を心掛けましょう!口座開設は面倒と感じるでしょうが、重い腰を上げておきたいですね。

 

さいごに本記事で紹介した仮想通貨取引所をまとめます。

販売所形式(難しいことを考えずに、簡単売買したい人向け)のおすすめ取引所

取引所形式(無駄なお金を支払いたくない人向け)のおすすめ取引所

 

▼主要アルトコインの売買だけでは物足りない人は海外取引所バイナンスがおすすめ!取り扱い銘柄が多いです。

Binance(バイナンス)取り扱いコイン銘柄一覧【おすすめ通貨を徹底調査】

2018.10.31

 

エアドロップで0円投資できる!お得なキャンペーン情報が盛りだくさん!

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)情報まとめ【2018年最新&厳選】

2018.11.11
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!