話題のビットコイン積立をはじめよう!

国内のおすすめ仮想通貨取引所!売買形式&銘柄ごとに取引所を使い分けるべき

売買したい銘柄によって国内仮想通貨取引所を使い分けよう

国内の主要な仮想通貨取引所は沢山ありますが、取り扱い通貨や手数料などが全然違います。

本記事ではお得に仮想通貨を売買(現物取引)できるように、売買形式(取引所形式/販売所形式)と銘柄毎にオススメの取引所を紹介していきます。

まずは2つの売買形式(販売所と取引所)の違いを知ろう

まず仮想通貨投資を行う上で知っておきたいのが「販売所」と「取引所」の違いです。

仮想通貨を売買できるパターン
  1. 販売所
  2. 取引所

 

これから「販売所」と「取引所」について、ざっくり説明していきます。

詳しく知りたい方は「販売所と取引所の特徴・違いまとめ」をどうぞ。

販売所とは?

イラスト説明:販売所とは?

「販売所」形式は、仮想通貨取引所から仮想通貨を買うことになります。

メリット
  • 初心者でも、簡単に売買できる。
  • 即座に売買できる。
デメリット
  • 言われた通りの価格で売買することになる。(取引所が利益を出すために、上乗せした価格になっています)

 

取引所とは?

イラスト説明:取引所とは?

「取引所」形式は他の人から仮想通貨を買うことになります。

メリット
  • 自分が決めた価格で取引できる。
デメリット
  • 取引が必ず成立するわけではない。
  • 慣れるまで売買が難しい。

 

「販売所」「取引所」はどんな人にオススメ?

2つの売買形式(販売所と取引所)は、それぞれ一長一短あります。自分が「どのように売買したいか」によって使い分けるのが良いです。

  • 簡単に売買したい人…トレード初心者向け
    販売所形式
  • 無駄なお金を1円でも支払いたくない人…脱初心者したい人、中・上級者向け
    取引所形式

【簡単売買したい人向け】国内のオススメ仮想通貨取引所

仮想通貨を簡単に売買したい人向けに、「販売所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所」と「取り扱い銘柄」をまとめてみました。

販売所形式で売買できる銘柄と取引所(2019年7月)

販売所形式で売買できる銘柄と取引所(2019年7月)

上画像中の”○”は取引可能、“●”はオススメです。

販売所形式で売買したい方におすすめは、取り扱い銘柄が多い「GMOコイン」か「コインチェック」です。

他の取引所と何が違うのか、おすすめポイントを紹介します。

 

販売所形式は「スプレッド幅」を要チェック

販売所形式で売買したい場合、スプレッド幅(買う時と売る時の価格差)に注目すべきです。

ビットフライヤーとGMOコインにおけるビットコイン販売所の売買価格を見てみましょう。

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅

ビットフライヤーのスプレッド幅は以下の通り。

買い=1,035,087円
売り=1,010,033円
→スプレッド幅=25,054円

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅

GMOコインのスプレッド幅は以下の通り。

買い=1,038,632円
売り=1,015,632円
→スプレッド幅=23,000円

GMOコインのスプレッド幅は、ビットフライヤーより約2千円小さいですね。

これまでスプレッド幅を気にしていなかった方は、使っている仮想通貨取引所を見直してみましょう。

 

【販売所形式】銘柄別おすすめ取引所

販売所形式で購入できる銘柄ごとに、おすすめの国内仮想通貨取引所を整理しました。

銘柄名おすすめ取引所
BTC(ビットコイン)GMOコイン
ETH(イーサリアム)GMOコイン
XRP(リップル)GMOコイン
BCH(ビットコインキャッシュ)GMOコイン
LTC(ライトコイン)GMOコイン
MONA(モナコイン)コインチェック
LSK(リスク)コインチェック
ETC(イーサリアムクラシック)コインチェック
XEM(ネム)コインチェック
FCT(ファクトム)コインチェック

 

初心者の方はGMOコインコインチェックをお薦めします。

  1. GMOコインで口座開設する
  2. コインチェックで口座開設する

【無駄金を支払いたくない人向け】国内のオススメ仮想通貨取引所

無駄なお金を支払いたくない人向けに、「取引所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所」と「取り扱い銘柄」をまとめてみました。

取引所形式で売買できる銘柄と取引所(2019年7月)

取引所形式で売買できる銘柄と取引所(2019年7月)

上画像中の”○”は取引可能、“●”はオススメです。以下2つの仮想通貨取引所の口座があれば、主要銘柄を売買できます。

  1. ビットバンクかビットポイント
  2. Liquid

 

リップル/ライトコイン等を買うならビットバンク

ビットバンクは国内No1の取引量

ビットバンクは取引手数料がマイナスなので、取引したら手数料が戻ってきます。(注文を板に並べるメイカー取引のみマイナスになる)

現在、国内取引所の中で最もお得に取引できます。

お得に取引しよう

 

QASHを買うならLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine

QASH(キャッシュ)」を売買したいなら、Liquidの口座を持っておきましょう。国内でQASHを買えるのはLiquidだけ!

なお現物取引・仮想通貨の送金手数料が無料なのも、高評価ポイントです。

独自トークン買うなら

 

【取引所形式】銘柄別おすすめ取引所

取引所形式で購入できる主要な銘柄ごとに、おすすめの国内仮想通貨取引所を整理しました。

銘柄名おすすめ取引所
BTC(ビットコイン)ビットバンク
ETH(イーサリアム)ビットバンク
XRP(リップル)ビットバンク
BCH(ビットコインキャッシュ)ビットバンク
LTC(ライトコイン)ビットバンク
MONA(モナコイン)ビットバンク
XEM(ネム)なし
QASH(キャッシュ)Liquid

 

取引手数料がマイナス(キャッシュバックされる)のビットバンクは必須級の取引所です。

そしてQASHトークンに興味がある方はLiquidの口座を持っておきましょう。

海外取引所やウォレットへ仮想通貨を送金することがある人は、送金手数料無料のLiquidを使うのも良いでしょう。

  1. ビットバンクで口座開設する
  2. Liquidで口座開設する

まとめ:売買形式&銘柄によって仮想通貨取引所を使い分け!

売買形式(販売所・取引所)と銘柄によって、おすすめの取引所が異なります。

仮想通貨取引所を使い分けて、無駄のない売買を心掛けましょう!口座開設は面倒と感じるでしょうが、重い腰を上げておきたいですね。

 

さいごに本記事で紹介した仮想通貨取引所をまとめます。

販売所形式のおすすめ取引所

難しいことを考えずに、簡単売買したい人向け

取引所形式のおすすめ取引所

無駄なお金を支払いたくない人向け