【仮想通貨】MCO(Monaco:モナコ)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『Monaco(モナコ)』
スポンサーリンク

仮想通貨『MCO(Monaco:モナコ)』は、Visaカードとモバイルアプリを使った「決済プラットフォーム」です。

この仮想通貨は、世界最大級の海外取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

 

MCOを買うか検討するために、価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

『MCO(モナコ)』の基礎情報

通貨単位 MCO
通貨名 Monaco
日本語名 モナコ
公開月 2017年6月
発行上限枚数 約3,160万枚
アルゴリズム
公式サイト https://mona.co/
Twitter @monaco_card
上にある動画の3分10秒あたりから見れば、モナコの利用イメージが湧きます!

『MCO(モナコ)』の特徴

Monacoのデビットカードとモバイルアプリ

Monaco(モナコ)は、Visaカードとモバイルアプリを使った「決済プラットフォーム」です。

Monacoの通貨「MCO」はERC20トークンであり、プラットフォーム内で使用されます。

 

Monacoの特徴は5つです。

<Monacoの特徴>

  1. あらゆる通貨を保有・使用・両替が可能
  2. 為替レートが安い
  3. 最大2%のキャッシュバック
  4. 予算・支出管理ができる
  5. サポート体制が充実

 

①あらゆる通貨を保有・使用・両替が可能

  • 自分の資金にアクセス・管理できる。
  • 銀行振込、デビットカード/クレジットカード、ビットコイン・イーサリアムで、チャージできる。
  • お金を変換し、送ることができる。
  • モナコカードで買い物できる。

 

②為替レートが安い

  • 銀行手数料を避け、実質為替レートを用いて両替できる。そのため、5~8%の節約が可能。
  • 即座に両替できる。

 

③最大2%のキャッシュバック

  • 全ての取引において、最大2%のキャッシュバックが行われます。
  • キャッシュバックはMCOコインで受け取ることができる。
  • MCOコインは多くの取引所でトレード可能であり、ビットコインやイーサリアムに交換できる。
補足

Monacoは、仮想通貨取引所Binanceと戦略的協力関係にあります。

Monacoha、Binanceが発行しているトークン「BNB」をサポート対象としています。

Binanceは、MCO / BNB取引ペアを取引所に追加しています。

 

④予算・支出管理ができる

  • お金を使ったら即座に通知がくる。
  • 週・月単位で予算管理できる。
  • 購入履歴にメモすることができる。

 

⑤サポート体制が充実

  • 24時間365日のチャットサポート体制をとっている。
  • ワンタップで、モナコカードの停止/停止解除ができる。
    • キャッシュカードを紛失してしまった時、銀行に電話で連絡しなければなりません。

Monaco Card(モナコカード)の説明

Monacoカードは、Visaと提携しています。カードは全部で4種類あります。

どのカードも送料無料で、年/月の会費は発生しません。

ステータスが上がることで、上限を引き上げ、還元率が高くなります!
ミッドナイト ブルー
  • 発行可能は無し(MCOを購入する必要なし)
  • 銀行間取引レートの制限2,000ドル
  • 無料ATM引き出し限度額200ドル
  • キャッシュバック無し
ルビー スチール
  • 50MCOを購入し、6か月保有していることが発行条件
  • 銀行間取引レートの制限4,000ドル
  • 無料ATM引き出し限度額400ドル
  • キャッシュバック1%
プレシャス メタル
  • 500MCOを購入し、6か月保有していることが発行条件
  • 銀行間取引レートの制限10,000ドル
  • 無料ATM引き出し限度額800ドル
  • キャッシュバック1.5%
  • 空港ラウンジへのアクセス可能
オブシディアン ブラック
  • 50,000MCOを購入し、6か月保有していることが発行条件
  • 銀行間取引レートの制限なし
  • 無料ATM引き出し限度額1,000ドル
  • キャッシュバック2%
  • 空港ラウンジへのアクセス可能
  • 999枚までしか発行されない希少性
「ルビースチール」以上のカードを持たなければ、キャッシュバックを受けることができません…。

ルビースチールの発行条件は、50MCOを保有していることです。

2018年1月26日時点では1MCO=約1,400円なので、70,000円分のMCOを購入する必要があります。

銀行でも残高に応じてランクを分け、恩恵のレベルを変えていたりしますね。

 

モバイルアプリからカード発行できます。新しいもの好きな僕も、申し込んでみました。

<アプリ設定手順>

  1. Monacoアプリ(iPhoneAndroid)をダウンロードし、アプリを開く。
  2. メールアドレスを入力する。
  3. 入力したメールアドレスにメールが届くので、認証ボタンを押す。
  4. アプリに戻り、電話番号を入力する。
  5. 届いたSMSに書かれている6桁の番号を入力する。
  6. パスポートの顔写真ページを開き、アプリで読み取る。
  7. 顔写真をアプリで読み取る。

 

<カード申込手順>

  1. アプリ画面中央をタップする。
  2. カードを選択する。
    • MCOコインを持っていなくても、「Midnight Blue」であれば発行可能です。

『MCO(モナコ)』の価格

価格推移チャート

MCO価格推移チャート(2017年7月3日~2018年1月24日)

MCO価格推移チャート(2017年7月3日~2018年1月24日)

2017年は最大で「約35倍(0.7ドル→24.2ドル)」の高騰。

  • ~2017年8月初旬
    • 1MCO=0.7ドル~1.5ドル付近を張り付く。
  • 2017年8月中旬・下旬
    • 価格が3段階で上がっていく。8月12日に4.5ドル、17日に13.2ドル、29日に24.2ドルに!
  • 2017年9月~2017年11月
    • 高騰するも5ドル台まで落ち込み、3か月間は5~10ドル台を推移。
  • 2017年12月~
    • 底値が10ドル付近まで上昇。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『MCO(モナコ)』の将来性を考える

カード決済分野は、ライバルが多いですね。

TenX(PAY)、token(TKN)、Centra(CTR)などが挙げられます。

 

ライバルが多いにも関わらず、差別化要素が少ない分野であると思います。

現にクレジットカードは、「年会費」「還元率」「ポイント用途の多さ」の3つでしか差別化されていないように見えます。

 

Monacoは一早くVisaカードと連携しています。

世界的に使える決済インフラであるVisaカードの力を活かして早く実績を作っておくと、ライバルと戦いやすくなるはずです!

僕はMCO(モナコ)を買うか?

  • Monaco(モナコ)は、Visaカードとアプリを用いた決済プラットフォームです。
  • カード決済は、ライバルが多い割に、差別化が難しい分野だと思います。
    • 厳しい戦いが続く気がします。
  • どの銘柄が勝つか全く分からないです。僕は、MCOコインの購入を控えようと思います。
    • 局所的に比較すると、「CTR(セントラ)」カードより、Monacoカードは好まれそう。年会費がかからず、キャッシュバックの割合が優れているからです。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。手数料が安く、取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

Binanceは日本円で仮想通貨を売買できないので、国内取引所からBinanceへ仮想通貨を送金する必要があります。

以下の手順であれば、スムーズに購入でき、ムダな手数料を支払わずに済みます。

<お得な買い方>

  1. 国内取引所「ビットポイント」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「ビットポイント」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
※ビットポイントは売買・送金手数料が無料!詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

売買&送金手数料0円の仮想通貨取引所BITPoint

新規口座開設&入金で、3,000円相当のビットコインをもらえます。9月末までなのでお早めに!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!