話題のビットコイン積立をはじめよう!

中国政府による仮想通貨格付けランキング(2018年8月)|NulsとTezosが初登場

中国政府による仮想通貨ランキング(2018年7月)

中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)の格付けランキングが、今月も発表されました。これで4回目。

前回(2018年7月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。

中国政府は3つの指標で評価

「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。

<3つの評価指標>

  1. 基本的な技術レベル
  2. 応用性
  3. 革新力

中国政府による仮想通貨格付けランキング(2018年8月)

前回(2018年7月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP33を見ていきます。今回は「Nuls」と「Tezos」が初登場です。

順位前回銘柄名
1EOSEOS
2ETHEthereum
3↑(9位)KMDKomodo
4↓(3位)NASNebulas
5NEONEO
6XLMStellar
7↑(8位)LSKLisk
8↓(4位)GXSGXChain
9↓(7位)STEEMSteem
10↑(16位)BTCBitcoin
11↓(9位)WAVESWaves
12↓(11位)BTSBitShares
13↑(18位)STRATStratis
14↑(19位)ADACardano
15ARKArk
15↓(13位)XRPRipple
17QTUMQtum
18↑(21位)XVGVerge
19↑(20位)ETCEthereum Classic
20↑(27位)NANONano
21↑(初)NULSNuls
22↓(14位)MIOTAIOTA
23↓(22位)XMRMonero
24SCSiacoin
25↑(26位)ZECZcash
26↓(12位)DASHDash
27↓(23位)BCNBytecoin
28↑(初)XTZTezos
29↓(25位)BCHBitcoin Cash
30↓(29位)HSRHshare
31↓(28位)LTCLitecoin
32↓(30位)DCRDecred
33↓(31位)XEMNEM

さいごに:気になったことをメモ

  • 高度なカスタマイズができるdAppsプラットフォーム「Nuls」は、初登場にして21位に!
    • 時価総額が高いわけでもない(執筆時点で109位)のに、中国政府が評価対象とした理由が気になります。
    • 買っておきたい方は海外取引所バイナンスでどうぞ。
  • 同じく初登場の「Tezos」は、自己修正によりフォークすることなくアップグレードでき、取引の承認に保証金を必要とするdAppsプラットフォームです。
  • 今月も「NEM」は最下位でした…

 

⇦前月(2018年7月)の結果を見る

翌月(2018年9月)の結果を見る⇨

関連記事:合わせてどうぞ

▼8月20日から開催!ビットポイントが3,000円相当のビットコインを配布キャンペーン中です。

ビットポイントで今なら3000円もらえる非公開: 【ビットポイント キャンペーン】3000円分のビットコインを貰える!本田圭佑を起用で日本一になれるか?

 

▼200以上の銘柄を調査した僕の「ガチホしたいランキング」もどうぞ。

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング【仮想通貨おすすめ銘柄ランキング(2019年最新)】将来性の高いコインをガチホしよう