中国政府による仮想通貨格付けランキング(2018年8月)|NulsとTezosが初登場

中国政府による仮想通貨ランキング(2018年7月)
スポンサーリンク

中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)の格付けランキングが、今月も発表されました。これで4回目。

前回(2018年7月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。

中国政府は3つの指標で評価

「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。

<3つの評価指標>

  1. 基本的な技術レベル
  2. 応用性
  3. 革新力

中国政府による仮想通貨格付けランキング(2018年8月)

前回(2018年7月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP33を見ていきます。今回は「Nuls」と「Tezos」が初登場です。

順位 前回 銘柄名
1 EOS EOS
2 ETH Ethereum
3 ↑(9位) KMD Komodo
4 ↓(3位) NAS Nebulas
5 NEO NEO
6 XLM Steller
7 ↑(8位) LSK Lisk
8 ↓(4位) GXS GXChain
9 ↓(7位) STEEM Steem
10 ↑(16位) BTC Bitcoin
11 ↓(9位) WAVES Waves
12 ↓(11位) BTS BitShares
13 ↑(18位) STRAT Stratis
14 ↑(19位) ADA Cardano
15 ARK Ark
15 ↓(13位) XRP Ripple
17 QTUM Qtum
18 ↑(21位) XVG Verge
19 ↑(20位) ETC Ethereum Classic
20 ↑(27位) NANO Nano
21 ↑(初) NULS Nuls
22 ↓(14位) MIOTA IOTA
23 ↓(22位) XMR Monero
24 SC Siacoin
25 ↑(26位) ZEC Zcash
26 ↓(12位) DASH Dash
27 ↓(23位) BCN Bytecoin
28 ↑(初) XTZ Tezos
29 ↓(25位) BCH Bitcoin Cash
30 ↓(29位) HSR Hshare
31 ↓(28位) LTC Litecoin
32 ↓(30位) DCR Decred
33 ↓(31位) XEM NEM

さいごに:気になったことをメモ

  • 高度なカスタマイズができるdAppsプラットフォーム「Nuls」は、初登場にして21位に!
    • 時価総額が高いわけでもない(執筆時点で109位)のに、中国政府が評価対象とした理由が気になります。
    • 買っておきたい方は海外取引所バイナンスでどうぞ。
  • 同じく初登場の「Tezos」は、自己修正によりフォークすることなくアップグレードでき、取引の承認に保証金を必要とするdAppsプラットフォームです。
  • 今月も「NEM」は最下位でした…

 

⇦前月(2018年7月)の結果を見る

翌月(2018年9月)の結果を見る⇨

関連記事:合わせてどうぞ

▼8月20日から開催!ビットポイントが3,000円相当のビットコインを配布キャンペーン中です。

【11月末まで】ビットポイントで3000円分のビットコインを貰える!本田圭佑を起用で日本一になれるか?

2018.10.23

 

▼200以上の銘柄を調査した僕の「ガチホしたいランキング」もどうぞ。

【仮想通貨おすすめ銘柄ランキング(2018年最新)】将来性の高いコインをガチホしよう

2018.02.14
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!