話題のビットコイン積立をはじめよう!

初登場TRONがイーサリアムを抜く|中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年2月)

中国政府における仮想通貨ランキング(2019/3)

中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)による仮想通貨格付け10回目が発表されました。

前回(2019年1月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。

中国政府は3つの指標で評価

「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。

<3つの評価指標>

  1. 基本的な技術レベル
  2. 応用性
  3. 革新力

中国政府による仮想通貨格付けランキング(2019年2月)

前回(2019年1月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP35を見ていきます。

順位前回銘柄名
1EOSEOS
2NEWTRXTRON
3ETHEthereum
4GXSGXChain
5BTSBitShares
6↓ 3位ONTOntology
7↓ 6位NULSNuls
8↑ 12位LSKLisk
9↑ 10位STEEMSteem
10↓ 7位NEONEO
11↑ 16位QTUMQtum
12↑ 21位NANONano
13↑ 15位BTCBitcoin
14↓ 8位NASNebulas
15↓ 11位XLMStellar
16↓ 9位KMDKomodo
17↓ 14位WAVESWaves
18↓ 17位ARKArk
19↑ 26位XVGVerge
20XRPRipple
21↑ 25位XMRMonero
22↑ 23位ADACardano
23↓ 13位MIOTAIOTA
24↓ 22位STRATStratis
25↓ 18位DASHDash
26↓ 19位ETCEthereum Classic
27↑ 28位BCHBitcoin Cash
28↑ 29位ZECZcash
29↓ 24位HSRHshare
30XTZTezos
31↓ 27位SCSiacoin
32↓ 31位BCNBytecoin
33↑ 34位DCRDecred
34↓ 33位LTCLitecoin
35↓ 32位XEMNEM

原文(中国語)を読めば、各通貨の点数が分かります。興味がある方はどうぞ。

さいごに:初登場TRONがイーサリアムを抜く

今回の結果は、相変わらず$EOS(EOS)が1位、初登場の$TRX(TRON)が2位、$ETH(イーサリアム)が3位でした。

具体的にTOP3銘柄のスコアを見てみましょう。

TOP3のスコア比較
比較項目①EOS②TRX③ETH
基本的な技術レベル103.796.873.8
応用性20.024.629.0
革新力26.924.136.4
スコア合計150.5145.6139.2

TRONはイーサリアムより基本的な技術レベルが高いですが、EOSには及びません。応用性・革新力に関しては、イーサリアムの圧勝でした。

将来はどうなっていることやら?どの銘柄がプラットフォームの覇権を握るのか、楽しみでなりません。

 

※中国CCIDの当該ランキングは、変動が大きいです。参考程度に留めておきましょう。

⇦前月(2019年1月)の結果を見る

翌月(2019年3月)の結果を見る⇨

おすすめ記事:合わせてどうぞ

DMMビットコインのキャンペーンが激アツ!今なら最大1.1万円の現金をもらえます。

DMMビットコインで1000円を貰おう【DMMビットコイン キャンペーン】無料で貰える1000円でレバレッジ取引に挑戦?

 

▼仮想通貨で消耗している人たちへ。チャートを気にせずコツコツと資産運用できる「Funds」が人気です。利回りは1.5~6%!

Fundsがおすすめ【口コミ】利回り1.5%~6%の資産運用「Funds」とは?少額から始められる貸付投資