【株主優待・配当金生活】2020年7月の収入は4,958円!赤字圏から脱出できない

株主優待・配当金生活
スポンサーリンク

30代前半サラリーマンのたーすけです。株主優待・配当生活を目指して2年9か月が経過しました。

まずは毎月1万円の配当を安定的に得ることを目指しており、その成長過程をブログで綴っていきます。

2020年7月の株主優待・配当金

株主優待・配当生活3年目の成績

今月の不労所得は4,958円でした。昨年の同月は2,336円であり、2.1倍成長しています。

 

受け取り配当金額の過去3か月平均は、9,355円でした。常に1万円を超えることを目指したいです。

受け取った優待・配当金額の推移
1年目の実績データ(クリックして開く)
受け取り金額推移(単位:円)
年月 株主優待 配当 累計
2017/11 +0 +141 141
2017/12 +0 +161 302
2018/1 +0 +428 730
2018/2 +10,000 +137 10,867
2018/3 +4,612 +516 15,995
2018/4 +0 +151 16,146
2018/5 +0 +614 16,760
2018/6 +0 +2,100 18,860
2018/7 +0 +156 19,016
2018/8 +0 +1,884 20,900
2018/9 +0 +120 21,020
2018/10 +2,700 +146 23,866
2年目の実績データ(クリックして開く)
受け取り金額推移(単位:円)
年月 株主優待 配当 累計
2018/11 +0 +115 23,981
2018/12 +0 +1,956 25,937
2019/1 +0 +1,258 27,195
2019/2 +11,000 +614 38,809
2019/3 +6,124 +1,076 46,009
2019/4 +0 +1,536 47,545
2019/5 +0 +4,108 51,653
2019/6 +0 +5,819 57,472
2019/7 +0 +2,336 59,808
2019/8 +0 +5,203 65,011
2019/9 +2,000 +3,127 70,138
2019/10 +0 +8,006 78,144
3年目の実績データ
受け取り金額推移(単位:円)
年月 株主優待 配当 累計
2019/11 +0 +4,028 82,172
2019/12 +0 +4,656 86,828
2020/1 +0 +14,956 101,784
2020/2 +12,000 +5,382 119,106
2020/3 +6,124 +8,665 133,955
2020/4 +0 +1,820 135,775
2020/5 +0 +8,644 144,419
2020/6 +0 +14,463 158,882
2020/7 +0 +4,958 163,840

 

株主優待の内訳

今月は受け取っていません。

 

配当金の内訳

配当収入があったのは以下7銘柄であり、日本円換算で4,958円の配当がありました。

税引き後の配当収入
銘柄 株数 米ドル 日本円*
VTI 10 $6.30 667円
PFF 35 $5.14 659円
MO 12 $29.16 3,088円
CSCO 24 $0.62 659円
合計 $46.82 4,958円

*米ドルでもらった配当は、1ドル=105.89円で日本円換算しています。

2020年7月の買付実績

今月は以下3銘柄を11.3万円分買い付けています。詳細は「2020年7月の投資ログ」をご覧ください。

  • インデックス戦略銘柄
    • VT=5.8万円
    • VYM=3.5万円
  • リターン補完戦略銘柄
    • CSCO=2.0万円

2020年7月のポートフォリオ

特定の銘柄に偏っていないか、株式ポートフォリオをチェックしておきます。

ポートフォリオ
株主優待・配当投資のポートフォリオ
銘柄 評価額(円) 割合
VT (全世界株式ETF) 1,484,502 38.3%
VTI (全米株式ETF) 175,269 4.5%
VYM (米国高配当株式ETF) 490,101 12.6%
PFF (米国優先株式ETF) 134,089 3.5%
JNJ (ジョンソン&ジョンソン) 185,214 4.8%
PFE (ファイザー) 12,224 0.3%
ABBV (アッヴィ) 201,000 5.2%
PG (P&G) 124,959 3.2%
MO (アルトリア・グループ) 183,010 4.7%
BTI (ブリティッシュ・アメリカン・タバコ) 152,762 3.9%
XOM (エクソンモービル) 160,411 4.1%
NGG (ナショナル・グリッド) 150,864 3.9%
CSCO (シスコシステムズ) 139,648 3.6%
日本株 286,100 7.4%
合計 3,759,715 100.0%

日本株全般に含まれるのは、シダックスクックパッド双日楽天ヴィレヴァンTATERUです。

2020年7月の損益

優待・配当を踏まえた投資成績

2020年2月から下落して4月から回復傾向にありますが、赤字圏から脱出できておらず。

とはいえ、気にしない、気にしない。気にしたら長期投資家失格と思うべし。

 

配当金を含めない場合の損益 配当金を含めた場合の損益

おとなしくインデックス投資しておけば良かった感。やっぱりVT・VTIは素敵ですよね。

【比較】VTIとVTはどっちが良い?答えは「VTIは必須、VTは任意」です。

今後の予想配当収入・配当利回り

上述のポートフォリオを1年間維持した場合、予想配当収入(税引き前)は年161,705円です。

  • 元本ベースの配当利回り =3.9%
  • 評価額ベースの配当利回り=4.2%

 

米国ETF・個別株

月別の配当収入 概算金額(ドル)

米国株保有による予想配当収入は年1,278.1ドル(138,021円)です。

 

日本個別株

日本株保有による予想配当収入は年23,684円です。

配当生活に向けたKPIの達成状況

配当収入の目標・KPI設定」で書いたように、3つのKPIを定めています。それぞれの達成状況を確認しておきます。

 

KPI①:投資金額の目安は年間130万円

配当生活を目指して3年目(2019年11月~2020年10月)の投資金額は136万円であり、余裕で達成してしまいました。

過度にスピードを出し過ぎて、息切れするのを懸念。生活資金には手をつけていないので問題ないですが、安定的なスピードで20,30年と続けていきたいと思っています。

 

KPI②:配当利回り(税引き前)は3.3%以上

現在の評価額をベースに算出した配当利回り(税引き前)は4.2%であり、大いに達成しています。

インデックス戦略銘柄VT(全世界株式ETF)を全体の50%程度まで拡張していけば、利回りは下がっていく見込みです。

 

KPI③:配当収入は100%再投資へ

今期中に受け取った配当金は、生活の足しにせず、再投資できているので問題なし。

さいごに:来月の買付計画

インデックス中心のシンプル戦略に従って、以下の通り買付していきます。

<2020年の買付手法>

  • 毎月
    • インデックス戦略 ETF(VT)を6万円分
    • リターン補完戦略 ETF(VYM)を3万円分
    • リターン補完戦略 米国株のうち、保有割合が低くて割安な1銘柄を2万円分
  • 都度
    • 高配当ETFであるPFFは、RSI30以下に達した時に買付を検討する
    • 日本株は買わない

 

最新の株主優待・配当実績を見たい方は、合わせてどうぞ!配当受け取り額がじわじわと増えています。

株主優待・配当の実績まとめ

【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!